映画 『男たちの大和/YAMATO』

【ストーリー】by映画生活より・・・
昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。

世界最大最強の戦艦と謳われながらも、さしたる活躍の場を与えられず約3,000名の命とともに東シナ海に散った戦艦大和。この大和の真実を綴った辺見じゅんのドキュメントを、『人間の証明』の佐藤純彌監督が総制作費25億円という壮大なスケールで映画化した。



久しぶりに観ました。
息子にはDVD持っているのにテレビ放映を観る意味が分からんって
言われながら自分でも分からんです。

久々に観てやはり泣けてきました
何度も観ているのに・・・。
戦争の結果は分かっている、大和の運命も観る前から知っていました。
演技とはいえ俳優さんたちの姿に当時の人々の事を改めて考えると
もう2度とこのような事を起こしてはいけない。
自分の夫や子供を戦地に送り出したくないです

映画は群像劇でダブル主演の反町さん、中村さんです。
お二人とも特別少年兵にとって厳しさと優しさを併せ持つ上官役。

実は最初観た時この映画の主役は少年兵役の松山さんなのでは?
って思ったんですよ・・・。
主役というと語弊があるかもしれませんが
生き残った負い目をずっと背負って・・・。
負い目に思うこと自体悲しいことです。
西くんのお母さんとのシーンは観ていて辛いです。


2年前の夏、「デスノート」を観て《L》を演じた松山さんに興味を抱き
彼の出演作を観たいと思い最初はレンタルで観ました。

《L》と「神尾くん」全く別人に見えて益々興味を・・・
『この人、凄い!将来が楽しみな俳優さんみ~っけ♪』
と、思った瞬間からドップリ松山ケンイチワールドのハマりました。

今日(昨日)「大和」を観る前にDVDで「デスノート」を観たんです
やはり2年前と同じ気持ちになりました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

音夢
2008年09月22日 06:23
アイさん、おはようございます♪

私もアイさんと同じくデスノ→大和と言う形でケンイチ君の他の作品が観たくてレンタルして観ました。
その後、TVでも地上波で初の放送がありましたがその時は新聞の出演者の欄には『松山ケンイチ』の名前は無かったので“なんで?”と思ったものですが今や渡哲也さんの次でしたよ!
何なんだこの違いは!って思わずTVに向かって突っこんでしまいましたもの!
それだけ今は人気があるって事ですよね♪
kiki
2008年09月22日 08:10
こんにちは^^
何時も楽しく拝読させていただいています。
大和は松の主演作品で良いと思いますよ^^
松がいないと成立しません、あの映画は。
わたしはデスノートを観て気になって、ロボを観たのですが、ロボは面白かったのですが、松のファンになることはなかったです。それがおしゃれイズムに出てたのを観て、やられちゃいました^^
それから、写真を観て、なんて不思議ちゃんなんだって、どんどん、ぬかるみwにハマってます。底なし沼なのかwww

アイ
2008年09月22日 22:01
音夢さんこんばんは、ご訪問ありがとうございま~す♪

初めてレンタルした時ケースの写真も小さくてそんなに出演シーンは無いのかなって思って観はじめたら!!!まぁ~主役じゃん♪映画自体もとても良くて、それでDVDが欲しくなって結局買ってしまったんです。
「松山ケンイチ」というネームバリューが上昇しTV放映も彼目当てで!っていう方が増えたと判断したんでしょうね♪
少年兵→L→クラウザ~さん。見事に別人になっているケンイチ君サスガですね♪
アイ
2008年09月22日 22:10
kikiさんこんばんは、初コメントありがとうございますとても嬉しいで~す♪

ケンイチ君にハマったら抜けられません!ようこそケンイチワ~ルドへ♪ってカンジです(笑)ロボが面白いって思った時点ですでに底なし沼に足を入れたのかも(笑)
ケンイチ君は役ごとに変化進化していくので目が離せなくなっちゃうんですよね♪そのたびに楽しませてくれるので抜け出たく無いんです♪

今後もぜひ遊びに来て下さいませ。
kiyu
2008年09月22日 22:42
こんばんは^^
私も同じく最近コメントご無沙汰で・・^^;
ケータイでお邪魔していたので、なかなか足跡残せずでスミマセン☆

私も過去作品レンタで観た事あったけど録画しました(笑)。
でも見た順番は結構後の方で・・・出世作のひとつなのは知っていたけど、テーマが重いのでなかなか手に取れなかったんです。
昨日の録画はまだ見てないので、これから静かに観ようかなー^^
優ちゃんと一緒のシーンが、2人とも超可愛くて切なくて大好きです。
アイ
2008年09月23日 00:11
kiyuさんこんばんは、ご訪問ありがとうございま~す♪いえいえ、タイミングで私もコメ残せない時がありますモン、読んで頂いていただけで嬉しいです♪

戦争を扱った作品で結果は悲劇になるのは分かってて重い・・・コレが劇場で観なかった理由の一つでした。録画したモノはぜひ永久保存(笑)にしてコタロウくんが大きくなった時一緒に観るのも良いかも?
優ちゃんとのバスが来る前の表情、シーンがなんとも言えず好きなんです。現代なら抱きしめ合っていても不思議じゃないのにあの時代ですモン、本当に切ないです。
2017年08月20日 15:48
Thanks for sharing your thoughts on f. Regards

この記事へのトラックバック