ぷくの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケートGPシリーズカナダ大会

<<   作成日時 : 2010/10/30 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

23日、深夜0時半頃から女子シングルSPが始まったGPシリーズカナダ大会ですが、今回地上波での放送が無いようです

GPシリーズの放送権を持つテレ朝さ〜ん!ナゼ?
ま、大人の事情っていうか視聴率が取れるかの問題なのかな?
日本から女子は村主章枝選手・今井遥選手。
男子は織田信成選手・南里康晴選手が出場予定

女子SP結果
1位 シンシア・ファヌーフ(カナダ)
     58.24点(技29.98 演28.26)
2位 クセーニャ・マカロワ(ロシア)
     57.90点(技31.44 演26.46)
3位 アグネス・ザワスキー(アメリカ)
     56.26点(技32.14 演24.15)

6位 今井 遥(日本)
     52.52点(技28.18 演24.34)
8位 村主 章枝(日本)
     48.17点(技24.85 演23.32)

う〜ん、日本選手の名前が上位に無いのが寂しい
6位の今井遥ちゃん、悪くは無かったけどドコか無難にまとめて、という感じだったのかな〜。村主選手、ジャンプのミスがあって残念でした。明日のフリーではお二人ののびやかな演技を期待してます。


男子SP結果
1位 織田 信成(日本)
     81.37点(技43.37 演38.00)
2位 ケビン・レイノルズ(カナダ)
     80.09点(技46.03 演36.06)
3位 アダム・リッポン(アメリカ)
     77.53点(技41.10 演36.43)

8位 南里 康晴(日本)
     61.00点(技31.60 演23.96)
画像

織田選手やりました!首位発進です
大きなお世話かもしれませんが心配していました。
バンクーバーではメダルも狙える位置だったSP、でもフリーでのアクシデント。その後3月に行われた世界選手権ではSPで失敗続きでフリーへ進めなかったんですもん。今大会カナダ大会ではどうなるのか、コーチもニコライ・モロゾフ氏から変わったし・・・。でもそんな不安を一蹴してくれたSPの演技でした。2位のレイノルズ選手はSPに4回転を2回入れてきた選手!技術点では織田君を上まりましたが、演技構成点全体の印象は織田選手の方が断然良かったです♪フリーは4回転勝負になりそうな感じ・・・。点差も僅かですが、自分の演技に集中して良い結果を期待します。

そして今回のSPの結果をみると若い選手の台頭が目立ちました。今後怖い存在になるであろうカナダのチャン選手20歳と若手の方ですが2年ほど前からシニアで活躍している選手、今回のSPではジャンプで2回、ステップで1回、計3回転倒しながらも73,20点という高得点。今迄挑戦しなかった4回転にもチャレンジしていました。ソチに向かって2位、3位に入ったレイノルズ、リッポン両選手と共に大きなライバルになりそうな予感。

織田選手の演技と共に上位4選手の演技が楽しみになってきました♪

今のトコ地上波での放送予定は無いみたい・・・
でもBSやCSでの放送はあるので見られる環境の方は
ぜひチェックして下さいませ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィギュアスケートGPシリーズカナダ大会 ぷくの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる